HOME > 640-507 投稿リスト > 受験記閲覧
CCNA Ver2に合格しました。   
日時: 2003/04/08 11:10
名前: KONY

受 験 日 : 02/04/26
合  否 : 合格
受験科目 : 640-507
取 得 点 : 870点

【 使用教材 】

・CCNA認定ガイド(第2版)
・CCNA直前対策
・実機(1003)

【 勉強方法 】

勉強期間は、1ヶ月半強らいです。記憶では3月4日に初めてCCNA認定ガイドを開いたような...
CCNA認定ガイドとCCNA直前対策の2冊で 勉強しました。そして倒産流れ品のCisco1003を6250円で地元金沢の業者から入手。これが一番ラッキーだったかもしれません。

最初はネットワーク技術全般に興味があったので、認定ガイドの付録DをAから順番に読んで行きました。英語の単語を覚える感覚で一つ一つ読んでいく。これが身に付くと結構基礎体力になります。いまCCNPの勉強に入っていますが、認定ガイドの付録Dを読んでおいて良かったと思います。

認定ガイドと直前対策との章の混乱もあり、この2冊を合体させて改定させた第三版の認定ガイドが間違いなく出てくると思います。
#いいお金になるんだったら、自分でやってしまうかもしれません。

いまから思い返すと、「とにかく読みまくった。線を引きまくった。付録Dを何度も参照した。」事を仕事の合間、出張先現場近くのファミレスで人目をはばからずに読み返したと反復反復です。長時間読み続けると思考が「ふにゃふにゃ」になりますね。

認定ガイドは4周(1章から付録Cまで)、直前対策は3周しました。
それでも実際の試験は最後まで「もうダメかな〜」と思うくらいにしんどかった記憶があります。後から思い返して「あそこのマスク入れるんじゃなかった。(明らかにチョンボ)」とか「認定ガイドにそんな単語なかったぞ!(本当に無かった)」とかです。

実機操作は試験4日前に始めましたが、Cisco 1003はIP専用モデルみたいでframe-relay関係やIPX関係のコマンドがありません。

【 試験の感想 】

試験ではrouting、wanが極端に達成率が悪くて足を引っ張っていました。やっぱり2500シリーズを入手するかシュミレーターで押さえるしかないのかもしれません。それでも、コマンド操作を体験することに確実に正解を導き出した問題が3、4問ありました。
印象的だったのは、実機を触っていたおかげで問題の画面を見ただけで「正解」が浮かび上がって目の中に飛び込んでくるという現象もあり、思わず「ニヤリ」とした場面もありました。「ハイハイ、上下の設問は引っ掛けね〜」と鼻歌交じりで次へ行くことができます。

国家試験のNSP午前の問題を初めて解いてみたのですがCCNAを合格した今の私には「あまりにも簡単すぎる。」くらいのものになっていました。

初めてのベンダー資格試験を一発でパスしてこれで勉強の弾みがつきました。MCPとCCNPの受験勉強を平行して進めていますが、やりがいがあります。

【 受験者へのアドバイス 】

ベンダー資格試験そのものが初めてなので、比較はできません。ただ、「正確に理解する。」ことが合格の早道です。生半可な理解では合格は難しいでしょう。理解していると、馬鹿馬鹿しいくらいに簡単な問題が幾つも出てきますので、それらが得点源になります。簡単には通してやらないよ..というCiscoの試験に対する姿勢も感じ取ることができ、公平な知識習得・実力を測る試験として高く評価できるのではないのかと。それが人気の秘密なのかもしれません。

【 次のチャレンジ 】

実機に関しては、実は筐体が変形した怪しい2503を9,900円で入手したのですが、動作を確認したところ「正常動作!生きている。」ということでこれでCCNPを取りに行きます。