HOME > 640-606 投稿リスト > 受験記閲覧
見ただけで答えが分かるという問題が6割はあった。   
日時: 2003/04/08 17:06
名前: KONY

受 験 日 : 02/12/22
合  否 : 合格
受験科目 : 640-606
取 得 点 : 843/755点

【 使用教材 】

・CCNP Support Exam Certification Guide
・CCIE Professional Development Cisco LAN スイッチング

【 勉強方法 】

Exam Certification Guideを4回すみからすみまで読む。日本語を読むスピードから比べると1.3〜1.5倍時間がかかるのが難点で予定を10日間後にずらさざる得なかった。添付のCD-ROMもこなす。
兎に角入念にすみからすみまで読みこなす事に専念する。
VTP,VLANの補強にCisco LANスイッチングを使用した。
これが効果的でした。

【 試験の感想 】

見ただけで答えが分かるという問題が6割はあった。問題文も短く回答も短く、あの長い回答文のMCP系からすると、素直な問題が非常に多い。つまり、Support Exam Certification Guideの読みこなしが進むと自然と回答が出てくるものばかりです。恐らくSupport Exam Certification Guide一冊で十分に合格圏内に到達すると思います。
ただ、私はイロイロなケーブル RG58U/3D-2VからUTPなどのイロイロなケーブルについて自分なりに電気特性など探求したり、障害解析などは実地経験豊富ですので、見ただけで「ふ〜ん。」ですぐ答えられる問題もありました。実務経験があれば、かなりの確率で答えられる問題が多いのではないかと思います。Step by stepの障害解析・FIXは、そらんじる位に染み付いて居ます。

AppleTalkやIPXについては入念にやっておいたお陰で得点源となりましたし、VTP,VLAN関連の問題はCCIE Cisco LANスイッチングが非常に役に立ちました。ISDN関連は、教本のコマンドレベルの一つ一つまで頭に叩き込む事。デバック情報のシーケンスレベルまで読み込むことが必要でした。教本は何一つ漏らす所が無いくらいにやっておいたお陰です。それでも、「?」という問題があったのも数問ありましたが、簡単な問題が多く、試験の後半には「絶対受かった。一体何点になるのかな?」という余裕もありました。ただ、Supportに勉強の時間をかけすぎ...が今回の反省点です。

個人的には Support 3.0 < Foundation 2.0です。Supportは騒がれているほど難しくないという印象です。教本をジックリやれば、しかもコマンドレベルで吐き出されるデバック情報まで「なぜそうなるのか。」一つ一つを叩き込めば良いと。カプセル化について探求すると良いでしょう。

【 受験者へのアドバイス 】

合格得点が少し下がったみたいですが、他の方が言うほど難しくないと思います。私の場合、あくまで実地経験や過去の知識がベースになって居ます。実機の設置をCCNAを取ってから8ヶ月で6件位ありましたがその経験も生きています。Cisco 800/1600シリーズばかりですが(笑)。
でも、本当に美味しい仕事でした。

少なくとも実機を取り扱ったりしたり、ケーブルについてかなり突っ込んだ文章やグラフ・図・規格書を読んだり、「どのメーカーのケーブルが良い(品質が高い)。」などまでやっていますので、知識ベースは持っています。またMCSEを取得するまでに勉強した事が一個出ていました。この試験はこれまで自分が何をしてきたのか、総合力を見るテストだと思います。

【 次のチャレンジ 】

CCDAを考えていましたが、ここまできたらCCIEの筆記を3ヶ月以内に受けることにします。CCDAは何時でも取れそう?バージョンが上がる前受けたほうが良いのか。資金難ですが、『Routing Tcp/Ip (CCIE Preparation Guide)』を注文しました。次は試験代が高いです。