HOME > 642-426 投稿リスト > 受験記閲覧
はじめのCCVP CIPT1   
日時: 2010/07/11 18:26
名前: jump

受 験 日 : 2010/07/11
合  否 : 合格
受験科目 : 642-426
受験言語 : 英語
取 得 点 : 918点
合 格 点 : 783点
問 題 数 : 70
試験時間 : 90
勉強期間 : 約6ヶ月
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あり(1年以上3年以下)
勉強前のレベル : 普通の初心者
本試験のレベル : 実務経験による知識がないと厳しい中級者向け試験。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

initial installation and set up of CUCM - 67%
on-cluster calling - 84%
route plan & off-net calling - 100%
media resources - 67%
CUCM features & applications - 100%




【 使用教材 】

CBT Nugget (ビデオチュートリアル)
Cisco authorized self study guide (現在のところ、英語のみ)
Testdumps

一押し >>> CBT Nugget  

【 勉強方法 】

CBT Nugget というビデオチュートリアルによる教材をまずCCVP5科目全て観ると、Unified Communication, VoIP, CUCMの機能など、大部分をつかめる。
ただし全部となるとすごいヴォリュームなので、時間がかかる。
ぼくは6ヶ月かかってしまったが、とても包括的に理解できるのでお勧めです。
参考書は英語しか存在しないので、非常に難しい。
誰かに絵を描いて説明してもらう、というのが、個人的に、NWの勉強ではすごく重要だと思うが、このビデオチュートリアルはその意味ではうってつけの教材だった。

ただ、まず実務経験でコールマネージャを触ったことが無いと厳しいかもしれないです。想像力が追いつくかどうか、人によって変わってくるかと思います。








【 試験の感想 】

CIPT1も2も、特に分別なく問題が混ざってくるので、
やはり科目別というより、包括的な知識を求められる印象。
理解度の低いセクションは参考書をじっくり読み直して納得がいくまで考える。
media resource 関連の問題が多かった気がする。
苦手だったのでそう感じたのかな。
そこはもっと勉強しておけば良かった・・・とテスト中に後悔。



【 受験者へのアドバイス 】

難しいですが、テスト合格するよりも
その勉強する過程はなかなか面白いです。
ビデオはVoIPの誕生からUnified Communication へ進化していく様などを、
プレゼンターが面白おかしく、しかし詳しく教えてくれます。
楽しいと感じれば、勉強も自然とノッてきます。:-)


【 次のチャレンジ 】

CVOICE, TUC, QOS