HOME > 642-611 投稿リスト > 受験記閲覧
TEの問題が予想より多い   
日時: 2008/11/17 17:45
名前: Laughing_man
参照: http://www.cisco.com/web/learning/le3/current_exams/642-611.html

受 験 日 : 2008/11/17
合  否 : 合格
受験科目 : 642-611
受験言語 : 英語
取 得 点 : 950点
合 格 点 : 790点
問 題 数 : 50
試験時間 : 120
勉強期間 : 1ヶ月半
受験目的 : 趣味
勉強形態 : 独学
実務経験 : MPLSはやったこと無い。
勉強前のレベル : 恥ずかしいほど無知な初心者
本試験のレベル : 知識ゼロの初心者でもOK!でも試験勉強は必要。
何度目の挑戦か : 2回目

【 セクション毎の正解率 】

MPLS Virtual Private Networks Technology ..... 100%
MPLS VPN Implementation, Configuration
and Troubleshooting .......................... 75%
Complex MPLS VPNs ............................ 100%
Internet Access from an MPLS VPN ............. 90%
Frame-Mode/Cell-Mode MPLS Implementation,
Configuration and Troubleshooting ............ 100%
MPLS Fundamentals ............................ 100%
MPLS Operation ............................... 100%

【 使用教材 】

・MPLS and VPN Architectures
・MPLS Fundamentals
・KnowledgeNet_Implementing_Cisco_MPLS__MPLS__2.0_Student_Guide
・Ciscoのドキュメント
・GNS3

一押し >>> MPLS Fundamentals

【 勉強方法 】

「MPLS and VPN Architectures」を1回読んで受験し、690点で惨敗。
仕方なく「MPLS Fundamentals」を購入し、試験範囲のみ読む。
カバーされてない部分を「Student_Guide」にて補完。
よく理解できてないところをGNS3にて動作確認。

【 試験の感想 】

TEの問題が多いよ。Ciscoのウェブサイトには「Exam Description」に書いてあるんだけど「Exam Topics」には書いてないんですね。一度目はそこを確認するのを忘れてました。

即答できる問題が多いとは思いますが、悩む問題はものすごく悩まされる。珍しくメモ用紙使いました。
「MPLS and VPN Architectures」だけで合格できるとは思えません。
「MPLS Fundamentals」の方が易しく説明されてるので、先にこっちを読む方がいいと思います。しかし試験範囲外のことも多く書かれてるので、試験対策には注意が必要かもね。

問題は良問が多いと思いますが、TEの問題が多くて参りました。
一度目は「CSPF」??「OSPF」じゃなくて??と初めて見る単語が出てあせりました。


【 受験者へのアドバイス 】

BGPとMPLSを分けて受けましたが、BGP得意な人はBGP+MPLSのほうがいいのかも。
オペレーションが苦手だと結構キツイと思うので、実機なりDynamipsなりで練習したほうがいいです。

【 次のチャレンジ 】

TOEIC730

【 その他、何かあれば 】

CCIE Lab合格後、ダラダラしてたので気合を入れるべく受けました。
Lab挑戦中にQoSとBGPを受けましたが、あの時MPLSに手を出さなくて良かった。