HOME > 642-611 投稿リスト > 受験記閲覧
初の英語試験   
日時: 2011/06/02 22:50
名前: とりむ

受 験 日 : 2011/05/25
合  否 : 合格
受験科目 : 642-611
受験言語 : 英語
取 得 点 : 950点
合 格 点 : 790点
問 題 数 : 50問?
試験時間 : 120分
勉強期間 : 6ヶ月
受験目的 : MPLS-VPNの構築があるから
勉強形態 : 独学
実務経験 : あり(3年以上5年以下)
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

・MPLS Virtual Private Network Technology:100%
・MPLS VPN Implements,Configuration and Troubleshooting:100%
・Complex MPLS VPNs:100%
・Internet Access from an MPLS VPN:91%
・Frame-Mode/Cell-mode MPLS Implementation,Configuration and Troubleshooting:100%
・MPLS Fundamentals:40%
・MPLS Operation:100%

【 使用教材 】

・MPLS&VPNアーキテクチャ
・MPLS and VPN Architectures (CCIP Edition)
・GNS3

一押し >>> MPLS&VPNアーキテクチャ

【 勉強方法 】

最初は、ccstudyを参考に、GNS3を使い実習しました。
VRF、MP-BGPなどの設定をサイトを見ずに設定できるように。
不明な点とかはググって各サイトを読み、ここである程度の基礎を。

その後は英語になれるため、「MPLS and VPN Architectures (CCIP Edition)」を辞書片手に。
でも、途中できつくなったので「MPLS&VPNアーキテクチャ」を購入し、
見比べながら読みました。

以降は、問題解く→参考書見直す、の繰り返しでした。

【 試験の感想 】

見たことのないTEの問題が5、6問ぐらいでて、どうしようもなかったです。
TEは本当の基礎しか勉強していなかったので、全くわかりませんでした。
でも、それ以外を十分に理解していれば合格できました。

シミュレーション、半シミュレーションはなかなかいい問題だと思いました。

当たり前なんでしょうけど、チュートリアルとか、結果の画面が
英語なのにもびっくりしました。



【 受験者へのアドバイス 】

GNS3などを利用し、実際設定したほうがいいです。
半シミュレーションはshowコマンドでいろいろ見ていた経験がいきたと思います。

問題、答えともに英語ですが、そんなにすごい英語ではないので全然大丈夫です。


【 次のチャレンジ 】

プロジェクトマネージャ