HOME > 642-611 投稿リスト > 受験記閲覧
思っていたより厳しい試験でした   
日時: 2012/06/17 17:17
名前: わくわく

受 験 日 : 2012/06/17
合  否 : 合格
受験科目 : 642-611
受験言語 : 英語
取 得 点 : 815点
合 格 点 : 790点
問 題 数 : 50
出題形式 : 単一選択,複数選択,ドラッグ&ドロップ,シミュレーション(コマンド入力)
試験時間 : 120分
勉強期間 : 1ヶ月
受験目的 : 会社からの報奨金目当て
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるけど、まだ1年以下だから駆け出しだね。
勉強前のレベル : ちょっと詳しい初心者
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

・MPLS Virtual Private Network Technology:60%
・MPLS VPN Implementation,Configuration and Troubleshooting:92%
・Complex MPLS VPNs:75%
・Internet Access from an MPLS VPN:73%
・Frame-Mode/Cell-mode MPLS Implementation,Configuration and Troubleshooting:77%
・MPLS Fundamentals:20%
・MPLS Operation:86%

【 使用教材 】

・MPLS&VPNアーキテクチャ(日本語)
・MPLS and VPN Architectures (CCIP Edition)
・GNS3(Mac OS X 10.7 Lion上でVer0.7.4を利用)
・Internet Week 2005資料+動画(MPLS〜基礎、実現するサービス、そして最新動向〜)
・Gene先生の教材セット「MPLS-VPNの仕組み」
・MPLS Configuration for Cisco IOS Software
 - Chapter.9 MPLS Traffic Engineering
 - Chapter.11 Any Transport over MPLS

一押し >>> MPLS&VPNアーキテクチャ

【 勉強方法 】

今年の1月にグローバルナレッジさんの速習MPLSを受けていたので
本当に基本的なLDPでのframe-mode MPLSの設定とか
Single VPNのBGP/MPLS-VPNの設定は知っていました。

3週間くらいMPLS&VPNアーキテクチャ(日本語)テキストを
読みながら、GNS3でいくつかの構成を用意して検証。
日本語テキストにはアドレスとかに誤字が多いのでところどころ
CCIP Editionを見比べて確認。
テキストを読み終わったら気分転換にInternet Week でのMPLSに関する
動画を見ながらPDFテキストを読む。
最後の1週間はGene先生の「MPLS-VPNの仕組み」の動画を見て
実際にGNS3で設定および動作を検証する。
また、テキストなどでカバー出来なかったTEやAToMについては
Cisco Pressの「MPLS Configuration for Cisco IOS Software」で
シンプルな構成をGNS3で作って設定やコマンドを確認した。

【 試験の感想 】

シミュレーションや半シナリオ問題のようなものが3問〜5問くらい
出たような気がします。TEは出たけどAToMは出ませんでしたね。
FRとVLANのLike to Likeを試したのにちょっと残念です。

試験時間が90分だと思っていたところ
120分だったので、ややゆっくりめに問題文をじっくり読んで
シミュレーションでいろいろなコマンドで確認してみたりと
少々遊びすぎて後半時間が無くなっていることに気がつきました。
ラスト10問のなかで出てきたシミュレーション問題が設定に関する
ものだったので、かなり焦りながらもセオリー通りに設定していき
ぱっと見、経路が見えているのを確認して次の問題に進みました。
最後の問題を答え終えたときは残り2分36秒でした。

TEに関する問題もいくつか出ましたが
英文の読解が出来ず半分くらいは勘で答えていました。
また、基礎的な問題も英文の読解に自信が無く予想通り20%という
惨憺たる状況でした。
時間配分はやや余裕を持って、シミュレーションの確認は必要最低限
にするようにすべきだと肝に銘じることにします。

【 受験者へのアドバイス 】

CCIP認定の付与がH24.10/30で終了になります。
上記認定条件であるMPLSの試験とBGPもH24.7/30で
終了になるので受験予定の方は皆さんお早めに。
QoSはまだ終了のアナウンスが出ていませんが
10月末までに受けないとCCIPの認定には間に合いません。

後継のCCNP Service Provider認定は以下のような内容でしょうか。
詳しくはCiscoのサイト「CCIP-CCNP Service Provider Migration Tool」
とかをご覧ください。
・SPEDGE試験 MPLS-VPN
・SPCORE試験 MPLS-TE/QoS
・SPROUTE試験 OSPF,IS-IS,BGP
・ADVSPROUTE試験 BGP,Multicast,IPv6
上3つはともかく、MulticastとIPv6はCCIPには無かった範囲ですね。

【 次のチャレンジ 】

Cisco BGP(7月中になんとしても受かりたい)

【 その他、何かあれば 】

最近気がついたのですが、CCNPの各トラックで
試験が日本語で用意されていないのがService Providerだけですね。
SecurityとWirelessは丁度試験が入れ替えの時期ですが
早々に日本語試験が用意されそうな予感がします。
Ciscoさん、SPトラックも日本語提供して欲しいな。
日本語なら復習や更新のために受けてもいいかも。
あと、試験内容(ブループリント)見るのにログインが必要ってなぜ?