HOME > 642-642 投稿リスト > 受験記閲覧
ふむ。QoSねぇ〜   
日時: 2007/02/04 19:35
名前: eVLAN

受 験 日 : 2007/02/04
合  否 : 合格
受験科目 : 642-642
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 874
合 格 点 : 790
問 題 数 : 39
試験時間 : 75min
勉強期間 : 数ヶ月
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 実務経験あり
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

省略

【 使用教材 】

Cisco QOS Exam Certification Guide (IP Telephony Self-Study), 2nd Edition
CCO
IP QoS 完全ガイド

一押し >>> Cisco QOS Exam Certification Guide

【 勉強方法 】

IP QoS 完全ガイドをさーっと読み流す。
Cisco QOS Exam Certification Guideをひたすら読む。
(この本は英語ですけど非常に読みやすく書かれているので、
QoSの基礎固めにはグッドだと思います。)
CCOはひたすらQoSの部分を読んで、今まで仕事で設定したこと
がないものはコンフィグして、実際にトラフィックを流してみ
て設定が有効なことや動作を確認。
(やっぱり実際に設定して動きを見ることが重要ですね。)

【 試験の感想 】

シミュレーションが1問、半シミュレーションが3問、D&Dが1問。
基本的な問題を問う部分が多いと感じましたが、ただ設定出来る
というだけではFailだと思います。
でも「重箱の〜」系の問題はなかったので、勉強したことが素直
に活かせる試験だったと思います。
あと、シミュレーション系の問題の確認で使用するshowコマンド
が驚くほどサポートされていません。

39問という問題の少なさと合格点の意外な高さにプレッシャーを
感じました。

【 受験者へのアドバイス 】

基本的な内容を深く理解する必要があると思います。
ざっくり「LLQ、CBWFQ、Shape、Policeは設定出来ますよ〜」では
Failしちゃう可能性が出て来ると思います。
例えば「設定したあとのキューは実際にはどう動くのか」といった
ような部分は抑える必要がありそうです。

勉強する上ではCisco QOS Exam Certification Guideははずせない
一冊だと思います。逆にIP QoS 完全ガイドは不要ですね。
あと、日本語試験は避けたほうが良いです。。訳が中途半端で妙に
分かりにくくなる問題がいくつかありました。素直に英語で受ける
方が問題を理解し易いと思います。

【 次のチャレンジ 】

BGP or CSVPN

【 その他、何かあれば 】

・シミュレーションの問題って、いったんコンフィグいれちゃうと
 消せないんでしたっけ?
 noコマンドが一切効かなかったんですけど・・・
・writeしたあとにsh startって打つと初期コンフィグが表示される
 のは仕様でしたっけ?


受験記修正