HOME > 1Y0-A14 投稿リスト > 受験記閲覧
Citrix 1Y0-A14の合格   
日時: 2010/04/14 00:01
名前: tack

受 験 日 : 2009/12/08
合  否 : 合格
試験番号 : 1Y0-A14
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 68%
合 格 点 : 63%
問 題 数 : 60
試験時間 : 75
勉強期間 : 1週間
受験目的 : 社内でのキャリアアップ
勉強形態 : 社外研修
実務経験 : あり(3年以上5年以下)
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : 実務経験による知識がないと厳しい中級者向け試験。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

XenDesktop アーキテクチャの定義 66%
プリインストールに関する考慮事項の確認 100%
XenDesktop のインストール 70%
vDisk の作成 77%
Desktop Delivery Controller for XenDesktop の設定 100%
デスクトップの配信 66%
XenDesktop の管理 100%
仮想化配信用のデスクトップイメージのトラブルシューティング 62%
アプリケーションの配信と管理 80%

【 使用教材 】

パートナー向けXenDesktop3資格支援セミナーの資料
Exam Prep Guide 巻末の例題10問
Citrix XenDesktop 管理者ガイド
Citrix XenDesktop 評価者ガイド
Citrix XenDesktop 3.0 Step by Step Guide

一押し >>> パートナー向けXenDesktop3資格支援セミナーの資料

【 勉強方法 】

上記セミナーに参加して、ポイントを復習した上で試験に挑戦。

【 試験の感想 】

ドラッグ&ドロップ問題が曲者。
VMへの接続フロー、Provisioning Server(PVS)の細かい仕掛け、起こりうるトラブルにおいて考えられる問題などを抑えておくことが重要です。
PVS関連の痒い問題が数多く出題して、これりゃ落ちたな〜と自爆ボタンをクリック・・・

【 受験者へのアドバイス 】

普段設計〜構築〜運用までXenDesktopを触っていれば合格ラインに届くと思います。
が、高得点を目指すならPVSとXenServerを連携させたフル構成での経験が必須です。

【 次のチャレンジ 】

※2010年4月修正
転職したのでITIL V3 Foundationを取得する必要が出てきた。
2010年上期はそれと、70-682でWindows 7のMCITPを取得することとします。

【 その他、何かあれば 】

2010年はこれまでの年以上に自己研鑽を重ねます。


受験記修正