HOME > 情報セキュアド 投稿リスト > 受験記閲覧
情報セキュリティの考え方をおさえれば簡単   
日時: 2005/01/31 01:13
名前: sarugane
参照: http://www.rhost.info/

受 験 日 : 2004/10/17
合  否 : 合格
勉強期間 : 3週間
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 実務経験あり
取 得 点(午前) : 680
取 得 点(午後) : 午後T 650、午後U 725
何度目の挑戦か : 2回目

【 使用教材 】
Security+ COMPLETEテキスト 上巻 基礎知識編
Security+ COMPLETEテキスト 下巻 実務編
Security+ COMPLETE トレーニング
情報セキュリティアドミニストレータコンパクトブック(2004/2005年版)

一押し >>> Security+ COMPLETEテキスト

【 勉強方法 】

ちょうどCompTIA Security+の試験を控えていたので、そのテキストで
情報セキュリティについて学習しつつ、コンパクトブックで午前問題
全般の対策を実施した。

【 試験の感想(午前) 】

基本情報処理試験より少し難易度が高めの問題と思われますが、ほとんどが
ネットワークに関連した分野からの出題であり、知っていれば楽勝で回答
できます。

【 試験の感想(午後) 】

情報セキュリティの考え方を身に付けていれば、問題文を読んでいるだけで
怪しいポイントが判断できると思います。また、情報セキュリティ関連の法律
知識や実際の運用経験の有無によって難易度は変わってきます。
時間があまり無いのと、問題の文章が長いので、早く読んで早く回答を書いた
方がいいです。自分の回答を問題用紙なんかに書き込んでる余裕はたぶん
ないです。

【 受験者へのアドバイス 】

初めて情報セキュリティを学習するなら、「情報セキュリティとは何ぞや?」
から始まり、それらの内容を簡単な文章で説明している書籍を選ぶことを
お勧めします。情報セキュリティというとネットワークやサーバ関連の知識も
必須ですので、満遍なくおさえた方がいいです。

あと、CompTIA Security+のテキストはセキュアドの教材ではあまり詳しく
載っていないISMSについてよく纏められています。この教材は敷居が高い
かもしれませんが、これくらい知っていないと試験でも苦戦するのではと
思います。

とにかく、情報セキュリティ=インフラ対策という考え方では合格できません。

【 次のチャレンジ 】

MCSEのスペシャルカテゴリ(Security)を取得します。

【 その他、何かあれば 】

国家試験も早くCBT化して欲しいですね。