HOME > 情報セキュアド 投稿リスト > 受験記閲覧
合格できました。   
日時: 2005/12/15 19:28
名前: カンナ

受 験 日 : 2005/10/16
合  否 : 合格
取 得 点(午前) : 640
取 得 点(午後) : T 670  U680
勉強期間 : 3ヵ月弱
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 他の IT 資格取得済み
何度目の挑戦か : 1回目

【 使用教材 】

情報セキュリティアドミニストレータ合格教本(技術評論社)
情報セキュリティ予想問題集(アイテック)
情報セキュリティアドミニストレータコンパクトブック(情報処理技術者試験研究会)

一押し >>> アイテック 情報セキュリティ予想問題集

【 勉強方法 】

午前はコンパクトブックを電車の中で毎日読みつつ、アイテックの予想問題集午前問題を3周程解きました。
午後に関しては、まず読みやすい合格教本を使って、知らなかったことや確実に理解しておきたいことを着実に丁寧にノートにまとめて基礎固め。
当然これだけでは足りないので、アイテックの予想問題集の午後問題を、語句の理解を深めることと、問題文中のポイントとなる部分を探す癖をつけることを意識しながら解きました。これも3周こなしました。

【 試験の感想(午前) 】

自分の準備不足もたたって、わからない問題がいくつかあり、午前の段階で「こりゃダメだ」と少しモチベーションが下がってしまいました。
もう少し、他区分(基本情報技術者など)の教材を利用したほうが安全だったかと思います。

【 試験の感想(午後) 】

Tは問題選択の判断を誤ってしまい、相当焦りました(この時点で精神状態はどん底…)。が、しっかり3題に絞ってからは吹っ切れたせいか、とても集中して解答できました。Tの終了時点で再びモチベーションが高まり、そのままの勢いでUへ。Uの最中は、もうこれで開放されるという思いで乗りきりました。

【 受験者へのアドバイス 】

午後は第一に焦らないことだと思います(自分はその点では失格でした)。特にTでは、小問をいくつか解答してしまった後でも、これはやばいと感じたら捨てることもありです(当然、残り時間も考慮する必要はありますが)。
Uに関しては、逆にTを乗り切ってしまえば、あとは比較的時間に余裕のあるUだけなので、「ここさえ踏ん張れば合格だ!!」くらいの姿勢で臨むといいかもしれません。
TもUも、たいてい問題を解くポイントとなる部分が問題文中にあります。それを見つけることができれば、なんとか合格できるはずです。

【 次のチャレンジ 】

CCNAなど

【 その他、何かあれば 】

教材は、やはり多少時間をかけても自分に合ったもの探し、選ぶことをお勧めします。ただ実際に使ってみても合わないようなら迷わず変えちゃいましょう。自分も上記3冊とは別に1冊使っていましたが、しっくりこず、途中で使用教材を変えました。
勉強法について、自分は書かなくては覚えられない頭の持ち主なので、ひたすらペンを動かしました。似たタイプの方は、是非今からノートを買ってきてペンだこができるくらい書きまくってがんばってください!!