HOME > ソフトウェア開発技術者 投稿リスト > 受験記閲覧
成せばなるス   
日時: 2008/06/17 12:44
名前: いざわ

受 験 日 : 2008/04/20
合  否 : 合格
受験科目 : ソフトウェア開発技術者
取 得 点(午前) : 670点
取 得 点(午後1): 640点
取 得 点(午後2): 700点
勉強期間 : 4ヶ月
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるよ、5年以上。ベテランと呼んでよね。
勉強前のレベル : この試験分野には関してはある程度知っている
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 4回目

【 使用教材 】

ソフトウェア開発技術者データベースとシステム開発基本テキスト
ソフトウェア開発技術者ネットワークと情報セキュリティ基本テキスト
ソフトウェア開発技術者コンピュータ科学基礎基本テキスト
ソフトウェア開発技術者コンピュータシステムと標準化基本テキスト
ソフトウェア開発技術者午前過去問ドリル 平成19年度
ソフトウェア開発技術者午後過去問ドリル 平成19年度
ソフトウェア開発技術者大滝みや子先生のアルゴリズム教科書
書き込み式SQLのドリル

一押し >>> ソフトウェア開発技術者午前過去問ドリル 平成19年度

【 勉強方法 】

4回目のチャレンジなので、もう後は過去問をひたすらにやるしかないと
焦っていたが、やはり知識が必要であると思い、暗記力に頼らず、理解力
で勝負しようと心がけた。
テキストを読んで、知識をためました。
特にネットワーク、DB、セキュリティを重点的にノートにまとめました。

それでも、午前対策としては平成13年春期〜平成19年秋期までの
午前問題を全て暗記しました。(脊髄反射的に答えられるようになるまで)

午後の過去問はドリルを1回通した位でした。
後は、テキストや教科書等で勉強しました。

【 試験の感想(午前) 】

過去問と同じ問題はあまりになかった感じがしました。
毎年、30〜40問はかぶっている印象があったが、
今回は20問前後であったような気がしました。

内部統制やQRコードなど結構、最新のことを問う問題が印象的でした。
(まぁ、この手の問題は配点対象になっていないケースがあるが)

2択まで絞り、こちらだろうというような感じで埋めていきました。
なので自信が無く、午前でやられたかもと思いました。

【 試験の感想(午後) 】

午後Tはとにかく時間がなかったです。
アドバイス通り、問5、問6から解いたが、この2問だけで1時間位
経過していました。
驚きなのは、ソフ開のSQL問題では、多分はじめてだと思うが、
テーブルの結合にJOINの問題が出題されたことでした。
いつもWHERE文でつなげる問題が主流だったのに、今回から導入するんだ
と少し、驚きました。
そこから、問1・・・問4と解きましたが、問3、問4あたりでは、既に
パニックになっており、ほとんど問題文を読めていなかったと記憶して
おります。(それでもガマンして冷静に読みました。)
午後T終了の休憩時に午前が万が一、通っても、午後Tでダメかなと
思いました。

このような感じだったので、午後Uを受ける時には、結構リラックス
していました。2年連続で午後Uがアルゴリズムだったので、
少し驚きましたが、平成19年度秋期に比べるとすごく易しい問題だった
ので、スイスイいけました。
この時、ヤバイ満点かも。と思っていたのだが、結果は700点だったので、
どこかのひっかけにやられているんだなと思いました。
(自己採点していない)

【 受験者へのアドバイス 】

問題の運が結構あるような気がする。
これは私の勝手な思いこみだが、春は午前で落とし、秋は午後Uで
落としているような印象があります。

暗記力だけでは必ず、限界を迎える日が来るので、理解力を重視しましょう。
(ネットワーク、DB、セキュリティは絶対に理解しておきたい。)

【 次のチャレンジ 】

アプリケーションエンジニア
来年から名前が変更されるので、その前に(今回の秋しかチャンスなし)
ぜひ取得したい。この名前の方がカッコイイし。

【 その他、何かあれば 】

名前が「応用技術者試験」になる前に取得できて、うれしいです。