HOME > JN0-350 投稿リスト > 受験記閲覧
Juniper初受験   
日時: 2009/12/17 20:26
名前: riko

受 験 日 : 2009/12/17
合  否 : 合格
受験科目 : JN0-350
受験言語 : 英語
取 得 点 : 97%
合 格 点 : 70%
問 題 数 : 75
試験時間 : 120sec
勉強期間 : 1month
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : 5年以上。
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

JUNOS Policy...............................................100%
BGP for Enterprises........................................100%
IGP Conversion............................................. 87%
Layer2 Services........................................... 100%
Layer3 Services Overview................................... 66%
Statefull Firewall and NAT/PAT.............................100%
IPsec VPNs.................................................100%
Class of Service...........................................100%
Branch Office Connectivity................................ 100%
Router Management..........................................100%


【 使用教材 】

第二言語としてのJUNOS
実機
JuniperのWEBサイト


一押し >>> 実機

【 勉強方法 】
業務でも1ヶ月前に始めてJuniperを触りました。
基本的な部分は「第二言語としてのJUNOS」で知識を整理しました。
製品のポート構成やインタフェースの名前などは、実機を使って検証しました。
「第二言語としてのJUNOS」の内容をノートに書き出し、通勤電車の中で暗記に没頭しました。

【 試験の感想 】
製品に関する問いは少なかったと思います。
普段実機を触っている方はコマンドに関するベースができていると思いますので、
各プロトコルの動作や設定の確認方法(showコマンドなど)を整理することで合格ラインに持っていけると思います。
素直な出題が多く、複数選択の問題でも悩むような問題は少なかったです。

【 受験者へのアドバイス 】
コマンド体系は要整理です。
設定定義をどの階層で行うか、確認に使用するコマンドはどれか、という部分が整理できていないと得点が伸びないと思います。
またBGPやOSPFといったプロトコル動作原理はしっかり抑えておく必要があると感じました。

【 次のチャレンジ 】
春の高度情報処理試験のどれか。