HOME > 70-214 投稿リスト > 受験記閲覧
MCSEにリーチ!(270→215→218→217→216→214)   
日時: 2005/06/10 18:32
名前: roba123

受 験 日 : 2005/06/10
合  否 : 合格
受験科目 : 70-214
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 870,674(2回目,1回目)
合 格 点 : 700
問 題 数 : 50
試験時間 : 120分
勉強期間 : トータルで1か月ぐらい
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 他の IT 資格取得済み
何度目の挑戦か : 2回目

【 使用教材 】

220パーフェクトテキスト (+) 220赤本 (+) 215・217・216・218赤本・M10-400青本 (+) 『ゼロからはじめるファイアウォール+ウイルス対策』(アスキームック)

一押し >>> 220パーフェクトテキスト

【 勉強方法 】

上記の参考書や下記の参考サイトの文章をひたすら読み,実機操作の復習をした。1回目の受験の時は,少々準備不足を感じながらも,キャンペーン終了の5月下旬(←延長が発表される前)に合わせる形で受けてみた。しかしながら,「セキュリティで保護された通信チャネルの実装……」の部分が非常に弱かったようで不合格だった。216の赤本を見てみたら,そのあたりの部分の説明についての章がいくつもあったので,「216の勉強を先にしておくべきだった」と思い,すぐには再受験せず,216狙いに転向。216を先に取得した。

1回目は220赤本をメインの教科書にしていたが,今度は220パーテキを読んでみることにした。パーテキのほうは厚さ・大きさ・活字数など,分量が多くて読みきるのが大変だったが,じっくりと考えながら読むことができた。赤本は「各テクノロジーの概説本」として,リファレンス用に使った。

=== 試験範囲ごとの参考サイトなど ===

☆ [ベースライン セキュリティの実装、管理、およびトラブルシューティング]
→ 215・217赤本


☆ [Service Pack と修正プログラムの実装、管理、およびトラブルシューティング]
→ 217赤本・M10-400青本の該当部分と下記のページ
<全般>
HotFix管理を始めよう
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/hotfixman/hotfixman_01.html
<MBSA>
ホワイト ペーパー : Microsoft Baseline Security Analyzer V1.2
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/tools/mbsawp.asp
<mbsacli.exe>
@IT:運用 Microsoft Baseline Security Analyzer 1.2日本語版(前編) 2.MBSA 1.2の動作原理と動作モード
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/mbsa12-01/mbsa12-01_03.html
<hfnetchk.exe>
セキュリティ・パッチの適用状態を調べる(1)― HFNetChkツールの使用法 ―
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/199hfnetchk/hfnetchk_01.html
<qfecheck.exe>
Qfecheck.exe で Windows 2000 および Windows XP にインストールされた修正プログラムを検証する
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;282784
<qchain.exe>
「修正プログラムの一括適用とqchain」
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/017hotfix.html
<SUS>
「@IT:運用 Microsoft Software Update Servicesの実力を探る」
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sus1/sus1_01.html
「SUS の構築の実際」
http://www.monyo.com/technical/windows/SUS10/
「SUSとMBSAでお手軽WindowsUpdate」
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~wsd/guide/add/windows/sus_mbsa.htm


☆ [セキュリティで保護された通信チャネルの実装、管理、およびトラブルシューティング]
→ 220赤本(5・7・12章),215・218赤本・M10-400青本の該当部分 + 『ゼロからはじめるファイアウォール+ウイルス対策』
<IPSec,無線ネットワーク,SMB署名,SSL> → 216・220赤本,など。


☆ [認証とリモート アクセス セキュリティの構成、管理、およびトラブルシューティング]
→ 220赤本(4・6章),215・217・218赤本・M10-400青本の該当部分と下記のページ + 『ゼロからはじめるファイアウォール+ウイルス対策』
<VPN>
<Kerberos>
「Windows 2000キーワード:Kerberos」
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/keyword/kerberos/kerberos.html
<SSP, NTLM>
「内部ネットワークレイヤの保護 (Windows Server 2003の認証システム)」
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/hybooks/win_server_sec/wss01-02.html


☆ [公開キー インフラストラクチャ (PKI) と暗号化ファイル システム (EFS) の実装と管理]
→ 220赤本(3章),215赤本・M10-400青本の該当部分と下記のページ
<CA,証明書>
スタンドアロンの証明機関,エンタープライズの証明機関
http://www.microsoft.com/resources/documentation/WindowsServ/2003/standard/proddocs/ja-jp/Default.asp?url=/resources/documentation/WindowsServ/2003/standard/proddocs/ja-jp/sag_CSStandCA.asp

<PKI>
「PKI 用語集 - PKI関連技術に関するコンテンツ」
http://www.ipa.go.jp/security/pki/111.html
「@IT:PKI再入門」
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/re_pki01/re_pki01.html

【 試験の感想 】

216・217・218などの総合復習+アルファ的な感じで,いろんな問題が出てきたような気がする。1回目の時はいろいろまんべんなく出てきたような気がしたが,2回目は,ある項目が5問ぐらい続けて出てきたりして,けっこう偏りがあったように感じた。

【 受験者へのアドバイス 】

読みきるのが大変ですが,220のパーテキはなかなかいいと思います。(さらっとではありますが)215・216・217・218の総復習ができます。

【 次のチャレンジ 】

220を取ってMCSEを目指します。
いよいよ初めてのデザイン系……心配だ。

* 現在までのパス
(M10-400)→70-270→215→218→217→216→214

【 その他、何かあれば 】

特にここの214受験記は大変参考になりました。
みなさんありがとうございました。