HOME > 1Z0-870 投稿リスト > 受験記閲覧
Oracle MySQL資格   
日時: 2014/01/02 01:57
名前: ごん

受 験 日 : 2013/12/23
合  否 : 合格
受験科目 : 1Z0-870
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 82%
合 格 点 : 60%
問 題 数 : 50
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : 90分
勉強期間 : 2週間
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるよ、5年以上。ベテランと呼んでよね。
勉強前のレベル : 普通の初心者
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 使用教材 】

基礎からのMySQL
SQL書き方ドリル

一押し >>> 基礎からのMySQL

【 勉強方法 】

「基礎からのMySQL」を読みつつ、XAMPPを利用してMySQLをPC上で触り、慣れるようにしました。

SQL書き方ドリルというSQL文を記述できる本も使ってみましたが、ペンで紙に書くよりキーボードでSQL文を入力した方が頭に入ってきますね。…この本、あまり意味無かったです。



【 試験の感想 】

MySQL専用のオペレーションであったり、オプションであったりを問われることはほとんど無く、
・データベースの理論をしっかり理解できているか?…ACID特性、E-Rなどの基礎理論
・SQLをしっかり理解できているか?…DDL、DML、DCLを利用したDB操作
を問われる問題が多かったです。

「基礎からのMySQL」にある内容をしっかり理解し、SQL文が書ければ合格できると思います。
試験問題自体はよく練られており、不可解な日本語も無く、問題の質が高かったです。


【 受験者へのアドバイス 】

MySQLに関しては日本語の情報がほとんどありませんが、あまり臆する必要はありません。
SQLをしっかり理解していれば合格可能です。
公式HPにある試験範囲を記載しておきます。

1. データベース理論基礎、アーキテクチャ概要(10%)
2. SQL文でのデータ定義(25%)…データベース、データ型、テーブル、ビュー、制約、インデクス
3. SQL文での基本的なデータ操作(25%)…データの参照、データの更新、追加、削除
4. SQL文でのより高度なデータ操作(20%)…各種関数、グループ関数、集計関数、テーブルの結合
5. トランザクション(10%)
6. データのインポートおよびエクスポート(10%)


【 次のチャレンジ 】

簿記

【 その他、何かあれば 】

データベースのメジャー資格といえばOracleMasterですが、世間で最も使われているデータベースはMySQLです。
この資格、問題の質もよく、SQLの理解をチェックするには最適なデータベース資格だと思いました。
日本でももっと人気が出ても良さそうなものですが…。

時間が取れたときに自身のブログでMySQL資格の情報や模擬試験問題を掲載しようと思っています。