HOME > 310-015 投稿リスト > 受験記閲覧
SCSA ゲッツ!!!!!   
日時: 2005/10/23 21:03
名前: nkun

受 験 日 : 2005/10/23
合  否 : 合格
受験科目 : 310-015
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 79%(46問)
合 格 点 : 65%
問 題 数 : 58問
試験時間 : 50分/105分
勉強期間 : だらだらと約2週間
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 実務経験あり
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

ネットワークの基礎の説明            80%
仮想ファイルシステムとコアダンプの管理     76%
ストレージボリュームの管理           83%
アクセスの制御とシステムメッセージングの構成  60%
ネーミングサービスの設定            92%
高度なインストール手順の実行          81%

【 使用教材 】

iStudy
SUN教科書 Solaris9(翔泳社)
docs.sun.comのドキュメント群
Solaris8インスコ済みSparcマシン
Solaris8 for Intelインスコ済みVMWare仮想マシン
***の問題集

一押し >>> Solaris8インスコ済みSparcマシンとSolaris8 for Intelインスコ済みVMWare仮想マシン

【 勉強方法 】

・参考書を読む。docs.sum.comにも目を通す。
・復習程度に実機で実習(Solaris8でやりました)
・iStudy等の問題をやる
・追い込み時には、***の問題集とiStudyやりまくる。
・SUN教科書の練習問題はほとんどやらず・・・・・

をSUNのHPにでている出題範囲の章区切りごとにやるというのをくりかえしました。

NISについては運用経験がなかったので、VMWareを使ってSolaris8が入った仮想マシンを2台用意し、NISマスターとスレーブサーバの実習をやりました。
結局は、参考書やdocs.sum.comだけでは自分はなかなか頭に入らない性分らしく(汗笑)実際に実習してみるというのが一番効果がありました。

・RBACに関する詳しい部分(rolemodとか)
・ACL関連の詳しい部分(setfacl、getfacl関連)
・インストール関連(コマンドの細かいオプションなど)

については、コマンド覚えるくらいで細かい部分について出題された場合は捨てる覚悟で受験しました。

あと、実習環境についてはSolaris8で全然十分です。
Soraris9との違いについては誤差の範疇かと・・・・・

【 試験の感想 】

ドラッグandドロップ問題は1問も出題されず。
/etc系のファイル名を実際に入力させる問題が1問でてきました。

時間は結構余りました。50分くらいで終了。
少しでもわかっていれば確実に解ける問題ばっかりでした。
実務経験がある人であれば少し勉強するだけで十分受かります。

【 受験者へのアドバイス 】

・色んな問題解きまくる
・時間があれば実機で実習(Solaris8 for Intelマシンで十分です)
・PartI受かっていれば、ちょっと勉強するだけで十分いけます

基本的にSUNのHPにのっている「主な出題範囲」の順に学習するのが一番効率がいいです

【 次のチャレンジ 】

とりあえずSCNAっすかね

【 その他、何かあれば 】

Solaris8 for Intelインスコ済みVMWare仮想マシンで複数台実習はかなりオススメです。
SCNAの学習用にも活用しようかと思ってます。