HOME > 310-090 投稿リスト > 受験記閲覧
合格しました   
日時: 2007/01/06 17:30
名前: 利休

受 験 日 : 2006/9/29
合  否 : 合格
受験科目 : 310-090
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 85%
合 格 点 : 64%
問 題 数 : 70
試験時間 : 120分
勉強期間 : 2ヶ月
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 普通の初心者
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

EJBの概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80%
セッションBeanのクライアントビュー ・・・・・・・・・・・・100%
セッションBeanのコンポーネントコントラクト・・・・・・・・・83%
セッションBeanのライフサイクル・・・・・・・・・・・・・・・83%
エンティティーのクライアントビュー ・・・・・・・・・・・・100%
コンテナ管理持続性(CMP)のコンポーネントコントラクト・・・・100%
CMPエンティティーBeanのライフサイクル・・・・・・・・・・・100%
エンティティーBean ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100%
EJB-QL・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80%
メッセージ駆動型Beanコンポーネントコントラクト ・・・・・・100%
トランザクション・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62%
例外・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80%
エンタープライズBean環境・・・・・・・・・・・・・・・・・・66%
セキュリティ管理 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100%

【 使用教材 】

@「J2EEプログラマのためのEJBパーフェクトガイド」
 ・・・まず、EJBの全体を把握するために通読しました。
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4774117226

A「SCBCD Exam Study Kit」(洋書)
 ・・・アメリカでは、SJC-BCは、SCBCDと呼ばれているようですがその対策本です。
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/1932394400/ref=sr_11_1/250-1773255-0972255?ie=UTF8

B「Head First EJB」(洋書)
 ・・・Aと同様、SCBCDの2大対策本のようです。
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/0596005717/sr=1-3/qid=1159670420/ref=sr_1_3/250-1773255-0972255?ie=UTF8&s=english-books

C各Beanのライフサイクル(BeanLC.pdf)と
 ejb-jar.xmlサンプル(DeploymentDescriptor.pdf)
 のPDFのプリントアウト

 [BeanLC.pdf]
 http://www.jugtorino.it/vqwiki/jsp/Wiki?action=action_view_attachment&attachment=BeanLC.pdf
 [DeploymentDescriptor.pdf]
 http://www.jugtorino.it/vqwiki/jsp/Wiki?action=action_view_attachment&attachment=DeploymentDescriptor.pdf

Djavax.ejbパッケージAPIリファレンス全てのプリントアウト
 http://java.sun.com/j2ee/sdk_1.3/ja/techdocs/api/index.html

E「Enterprise JavaBeans 第3版」
 ・・・上記を補足するために部分的に読みました。
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/487311098X/sr=1-5/qid=1159673607/ref=sr_1_5/250-1773255-0972255?ie=UTF8&s=books

【 教材補足 】

A・・・英文も難しくなく、問題の解説がとても簡潔明瞭で勿論試験対策としても
  よかったですが、EJBを理解するためのポイントがよくわかったという印象
  を持ちました。問題と解説以外、他の部分は補足的にしか読んでいませんが、
  今後継続して他の部分も読むつもりです。
  洋書ということで引かれるかたもあるかもしれませんが、決して自分も英語
  は得意ではありません。この資格にチャレンジしようという方は是非、一度
  ご自身の目で確認してみてください。

CD・・後の勉強方法で書きましたが、全て覚えました。
   覚えると安心感がありますし、AとあわせることでEJBの全体像がつかめた
   気がします。


一押し >>> SCBCD Exam Study Kit

【 勉強方法 】

1)@を2回通読して概要を把握。(約2週間)
  通勤中なども利用し、わからないところがあっても気楽に読み流しました。

2)Aの問題(130題)をやりながらポイントを@で確認。
  Aは英語ですが、@で内容を把握されていると思うのでそれほど難しくはない
  と思います。

3)Aの問題を何度か繰り返し問題の全体がつかめてきたところで、C、Dのすべて
  を完全に暗記しました。自分にとってはこれがとても役に立ちました。

4)問題数が130題では心もとなかったので、Bの問題をやりました。
  Bの問題数は、章末問題135題、模擬試験問題70題です。
  Bの模擬試験問題は、本試験の1週間ほど前にやってみたのですが本試験合格ライン
  ちょうどの(45/70)でした。
  本試験では問題の選択数が指定されているのですが、模擬試験問題ではそれを未定
  にして多少難しくしているそうです。
  個人的な意見としては、合格するためだけならBは必要なかったかもしれません。

【 試験の感想 】

難易度については、情報が少なかったので不安でしたが、内容は基本的でしたし、
EJB理解への一歩としては自分にはとてもよい試験でした。
回答に要した時間は、一通り回答し終わって40分程あまりました。
それから、チェックをつけた問題をゆっくり見直しても20分位あまりました。
なんといっても、EJBコンテナとは何を目的として開発され何を提供してくれるのかが
よくわかり、ますますこの技術の発展に興味を覚えました。
現行バージョン3.0を学ぶのが楽しみです。

【 受験者へのアドバイス 】

本文の中でも何度も書いていますが、Aの問題と解説はお勧めです。

【 次のチャレンジ 】

未定

【 その他、何かあれば 】

このサイトは、SJC-WCを受験する時に大変お世話になりました。
サイトの運営者と投稿者の皆様に感謝です。
この受験記が、SJC−BCに興味を持つ人たちへの少しでもご参考となればと思います。