HOME > TL0-002 投稿リスト > 受験記閲覧
linuxに関してはまったくのど素人   
日時: 2003/04/07 18:38
名前: えむえむ

受 験 日 : 02/12/18
合  否 : 合格
受験科目 : TL0-002
取 得 点 : 80%/70%(合格ライン)

【 使用教材 】

・TurboLinux6.0serverでつくるネットワークサーバー構築ガイド(秀和)
・直前必修問題集(IDG)
・サーバー管理者のためのLinuxコマンドsuper辞典(ソーテック社)
・Turbolinux6.5server ユーザーズガイド(PDFファイル)
・Turbolinux6.5server インストールガイド(PDFファイル)
・Turbolinux6.5server FAQ(PDFファイル)
・@ITのLinux Squere のホームページ

【 勉強方法 】

私はlinuxに関しては、まったくのど素人でしたので、とりあえず「linuxってWindowsとどう違うの?」というところから、勉強を始めました。その時に、@ITのLinux Squere のホームページはとても参考になりました。
そして、「構築ガイド」片手に実際にlinuxをコンピュータにインストールして、いろいろなサーバーを立ててみました。
apache、bind、sendmail、ftp、nfs、dhcpなどなど・・・
一番苦労したのはbind(DNS)サーバーのプライマリサーバーでした。
でも試験にはぜんぜん出ませんでしたが・・・(泣)

インストールもターボリナックスジャパンのサイトからダウンロードしてきたPDFファイルを見ながら、何度か行いました。このPDFファイル、3冊で500ページ近くありますが、かなり役に立ちました。試験直前でも読み返しておいて良かったです。Turbolinux独自のコマンドの詳細が書かれていて、ここがそのまま出題されていました。

一通りサーバーを立てた後は、IDGの問題を解きまくりました。

【 試験の感想 】
僕はバージョン6.5で受験しました。(バーション7では2回落ちたってヒトがいるってきいたもので・・・(怖)

■スコアレポート

Linuxの背景とライセンス … 80%
TurboLinuxに関する基礎知識 … 85%
TurboLinux上で動くアプリケーションの基礎知識 … 76%
セキュリティと運用管理 … 75%

■試験内容について

直前必修問題集(IDG)の章末の問題そのものは、1問くらいしか出ていませんでした。(NFSのコマンドだけ)
それよりも章の解説に書かれているところから出題されているように感じました。

セキュリテイの問題などは、トロイの木馬・ワームなどのコンピュータウイルスに関する知識とか、sendmailに関するセキュリテイホールなど、問題集にはまったく記載のない問題も出ていました。僕は@ITのLinux Squere のホームページを一通り目を通しておいたおかげで助かりましたが・・・。
あとネットワークに関する基礎知識は必須だと感じました。ファイアーウオールのしくみとか、アドレス変換の基礎知識とか。

これまで全くlinuxを触ったことのない人は、直前必修問題集を丸暗記しただけでは合格はつらいと思います。直前必修問題集だけで大丈夫だと聞いていたのですが、一応覚えておこうかなと思ったことの方が試験にだいぶ出ていたので、正直焦りました。
何とか合格してて良かったですが・・・。

でも構築ガイドの細かい内容までは覚える必要はないと思います。設定ファイルの名前を聞いてくるくらいで、その中のディレクティブまでは聞いてこない問題ばかりでした。全体的には広範囲だが、あまり深く突っ込まずに大体の概略を知っているかどうか聞いてくる問題が多かったと思います。

サーバーを立てる練習をするより、ネットワークに関する本を読むとか、
ホームページで情報を吸収するほうが、試験的には有効だと感じました。
コマンドに関しては、ほとんど直前必修問題集に出てくるところで間に合いますが、章末の問題からは出ないです。とにかく解説を読む!ですね。

■受験後の感想

思ったより難しかったです。こんなの知らないよというのは少ないのですが、3つ正解じゃないのこれ・・・って言うのを2つに絞るのが意外に迷いました。直前必修問題集を解いてると、選択肢のうち、3つとか4つとか正解の問題のオンパレードだったもので・・・。

最後にマークした問題が16問あったので、これは落ちたかなあってクリックしたら、何とか当ってたみたいです(汗)。
きっとLPICはもっともっと難しいんでしょうが・・・。

【 次のチャレンジ 】

しばらくWindowsから離れていたので、もう一回215、210を復習して、MCSAを目指します。