HOME > VBA Pro Office 2003 投稿リスト > 受験記閲覧
やっと取れました   
日時: 2008/12/16 20:47
名前: ざざむし

受 験 日 : 2008/12/16
合  否 : 合格
受験科目 : PA0-333
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 800点
合 格 点 : 700点
問 題 数 : 35
試験時間 : 60
勉強期間 : 1か月ちかく
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるよ、5年以上。ベテランと呼んでよね。
勉強前のレベル : この試験分野には関してはプロかな
本試験のレベル : かなり難しい上級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 3回目

【 セクション毎の正解率 】

どこを間違えたか教えてくれません

【 使用教材 】

VBA協会発行のPDF資料2冊
Excel VBA 裏ワザ大辞典(インプレス出版)


一押し >>> 両方とも

【 勉強方法 】

もともと経験はかなりある方なので、PDF資料とExcelVBA・・を文字通り「熟読」
あとはExcelでごみプロを書きまくって、メソッドやデータ型の動きをひたすら確認

【 試験の感想 】

1年半前に受けた時は半分も取れずに玉砕し、顔を洗って出直そうと思ってそのままにしていた。
VBAエキスパートのバージョン横断的な新試験が開始されると知って、今のうちにもう一度チャレンジしようと思って再度勉強開始。でも甘くはなく、さらに1回落とされました。

「所詮VBAだと思って曖昧な理解でコーディングしている人は絶対合格させない」という出題者の気合いのようなものを感じる試験です。
また、限られた時間の中、1〜2か所しか違いのない長いソースを4本、画面をスクロールしながら見比べるなんてのが何問も出るので相当疲れます。
別の問題が出たら、次も合格点が取れると断言できないですね。

【 受験者へのアドバイス 】

先人も書かれているとおり、PDFと「Excel VBA 裏ワザ大辞典」は必須です。
オブジェクト・データ型の「使い方」だけではなく、「特性」を覚えることが必要です。
そういうのは本の実際のサンプルではなく、サンプルについている解説に書かれていることが多く、文字通り読み込む必要があります。
あとは、ヒマがあったらオブジェクトブラウザを開いて、Excel/Word/IE/ADO/Scriptingなどの主なクラスを眺めて、使ったことがないメソッド/プロパティを使ってみることです。
暗記はたぶん役に立ちません。


【 次のチャレンジ 】

MCITPのアップグレード試験

【 その他、何かあれば 】

今まで3回も受けた試験はありません。そういう意味ではMCPやOracle Masterよりはるかに難しいです。