HOME > CCIE-Lab 投稿リスト > 受験記閲覧
Failed but passed configuration   
日時: 2010/05/19 19:49
名前: (`・ω・´)ぜん吉
参照: http://ccie.ashigaru.jp/

受 験 日 : 2010/05/17
合  否 : 不合格
受験科目 : CCIE-Lab
受験言語 : 英語
試験時間(午前) : 4hrs
試験時間(午後) : 4hrs
勉強期間 : 1yrs
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : なし
本試験のレベル : かなり難しい上級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 3回目

【 セクション毎の正解率 】

ひみつ

【 使用教材 】

前回と一緒

一押し >>> 前回と一緒

【 勉強方法 】

今回は主に確認中心の勉強をした。題意を満たすため、最もクリティカルなチェック方法の確立を行った。

【 試験の感想 】

・プロクタはいつものブルースさん
・本日の参加者は
 ・RSは3人(中国1人、韓国2人)
 ・SPは2人(私、中東系1人)
 ・SECは1人(中国)
・昼飯は前回と一緒のチキンライス(選択なし)
・配られるものは問題ファイルと紙2枚(もちろんあとで回収)
・机の上は相変わらず空のティッシュ箱と数少ないペンのみ

飲み物の持ち込み自由なので、グレートイーグルセンター内のPacific cafeでカフェ・ラテを買ってラボルームに入る。

説明はごく簡単で約3分で終わる。初めはコアナレッジ問題を30分以内に解く必要がある。過去2回とも余裕でコアナレッジはパスできたので、今回もいつものように回答と簡単な説明をタイピングして約5分で終了。結果は4問中2問間違ってたらしくていくらラボで満点とってももうこの時点で落ちたことはこの段階で思いもよらなかった。題意の読み違いもありえたので次回はたとえ質問が明確だとしてもしつこくプロクタに確認することにする。

最も難しいとされるラボセクションに関しては難なく全ての問題を回答することができた。とある問題では設定が間違いようのないぐらい完璧だったにもかかわらず疎通、ネイバー確立できない事象に遭遇したが、あることをやったら解決した。そういえばこの事象は前回もあったようでその時は心の余裕がなかったせいか解決できずでした。まちがいなくラボ試験で使われている機種あるいはIOSに依存するような問題かもしれません。

結局ランチ前までは3問だけ設定していませんでした。過去5回ラボ受けて恐らくこのペースは自己最高だとおもいます。しかも途中で保留した問題もないというほぼ完璧な状態でランチタイムを過ごすことが出来た。この時点の感覚でもう既に95%以上の確率でCCIEトリプルになれたと思ってました。ランチ後の1時間で残りの3問を片付けて一旦wr。

残りの3時間で最初から最後までの動作確認、問題要求確認、コンフィグ確認と念入りにチェックした。もちろん設定時も都度確認を行ってました。おかげで確認作業では1つの間違いもありませんでした。これまでにない完璧なラボだったので合格を確信してブルースと別れる。

結果は予想外の不合格でした。
原因はコアナレッジでしかも1問の差という最悪なパターンでした。
設定は見るまでもなく合格でした。
しかし、現時点でのルールではいくらラボが完璧でもコアナレッジは3問合格しないとラボ試験は不合格ということになる。くやしいが、以前の2回落ちたときのような敗北感はない。なぜならこの3ヶ月でやってきたことが間違いなくラボ試験をパスできるようになったからだ。

次回に向けて確実にコアナレッジをパスできるようにシスコプレスの細部まで暗記するぐらいまでに再度読み込むことにした。基本的に平易な問題が出題されるがたまに変化球がくるときもある。どんな変化球でも打てるようにがんばるしかない。ラボセクションに関しては気を緩めずにさらに磨きをかけるようこれからも毎日努力する。なぜなら、コアナレッジよりもラボの方がはるか異次元の難しさだからである。

【 受験者へのアドバイス 】

合格していないのでアドバイスなし。

【 次のチャレンジ 】

同じ香港で同じトラック

【 その他、何かあれば 】

次こそ!


受験記修正