HOME > 70-480 投稿リスト > 受験記閲覧
HTML5 + CSS3 + JavaScript   
日時: 2013/06/28 01:17
名前: しん

受 験 日 : 2013/06/25
合  否 : 合格
受験科目 : 70-480
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 820点
合 格 点 : 700点
問 題 数 : 40
出題形式 : 単一選択,複数選択,ドラッグ&ドロップ
試験時間 : 120
勉強期間 : 2ヶ月
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : なし
勉強前のレベル : 普通の初心者
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

ドキュメントの構造・オブジェクトの実装・操作  24%
プログラムフローの実装 25%
データのアクセスとセキュリティ保護 26%
アプリケーションでのCSS3の使用  25%

【 使用教材 】

特になし

【 勉強方法 】

市販の技術書を参考にひたすら作品作りをしました。



【 試験の感想 】

全体的な難易度は、それほど高くはありませんでした。
実務者向けの試験とのことですが、HTML5 + CSS3 + JavaScriptを使用した作品をいくつか作ったことのある方なら、問題なく合格できるレベルです。
他の方の受験記を読むと、jQueryが重点的に出題されたとのことでしたが、僕が受験する際はJavaScriptによるオブジェクト指向プログラミングとAjaxが重点的に出題されました。
6割方、JavaScriptが出題されます。

このたびフロントエンドエンジニアとして転職するにあたり、たいへん自信につながりました。
ベンダー試験の割に、Microsoft独自の仕様に関する問題はほとんどありません。
これからモバイル端末の普及とともに需要が高まる技術なので、デザイナーの方もぜひ受けてみてはいかがでしょう。

【 受験者へのアドバイス 】

対策書などは一切ありません。
市販の技術書を参考に、有名なAPIや、レスポンシブデザインや、SVGの実装、CSS3を使ったアニメーションまでマスターしておけば心配はいりません。

オブジェクト指向プログラミングは、基本的な考え方と文法を理解していれば問題ありません。匿名関数の使用や、イベントリスナの登録方法を数種類覚えておくと強いです。
Ajaxは、jQueryを使用する場合/使用しない場合の文法(オプションの記法も含め)、コールバック関数内での変数スコープを理解していれば問題ありません。
HTML5は、新要素と多くのブラウザで実装されているAPI(CanvasやWebStorage)が理解できていれば問題ありません。バリデーションチェックのための正規表現も散見されました。
jQueryは、相対的な要素の選択方法や、値の取得・設定が理解できていれば問題ありません。
CSS3は、新しいプロパティ(IEのみ実装されているプロパティ含む)やメディアクエリを把握できていれば問題ありません。

【 次のチャレンジ 】

ウェブ解析士か、Ruby技術者認定試験か、UMTP L2
4ヶ月連続リリースが無事に成功したので、少し一休みします。
RubyやらJSPやらASPやらサーバーサイドの言語が残っていますが、メジャーなWEB開発技術を一通り覚えることができました。
2月 CIW JavaScript Specialist ・・・達成
3月 CIW Perl Specialist ・・・・・・達成
4月 PHP技術者初級認定試験 ・・・・ 達成
6月 MCP(70-480試験) ・・・・・・・ 達成


受験記修正