HOME > 70-506 投稿リスト > 受験記閲覧
フルカラーの本はいいですね   
日時: 2011/10/03 20:54
名前: 素人中年

受 験 日 : 2011/08/26
合  否 : 合格
受験科目 : 70-506
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 780点
合 格 点 : 700点
問 題 数 : 50
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : 145分
勉強期間 : 4週間
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : なし
勉強前のレベル : 普通の初心者
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

・ユーザインタフェースのレイアウト・・・・・・・・・・・70%
・ユーザインターフェースの強化・・・・・・・・・・・・・60%
・アプリケーションロジックの実装・・・・・・・・・・・・80%
・データの使用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70%
・ホストプラットフォムとの連携・・・・・・・・・・・・・80%
・アプリケーションの構築・・・・・・・・・・・・・・・・70%
・アプリケーションの配置・・・・・・・・・・・・・・・・100%

【 使用教材 】

(1)Silverlight入門 〜C#とブラウザプラグインでらくらくRIA開発〜 (翔泳社)

(2)Pro Silverlight4 in C# (Apress)

(3)MSDN

その他 副読本
 .NET開発テクノロジー入門(Visual Studio 2010対応版)

一押し >>> 上記(2)

【 勉強方法 】

Sliverlightに関する知識は、MSサイトを見て知っている程度だったので、まず、上記教材(1)を読みました。
この本は、「入門」と題している通り、簡単なサンプルコードを例に挙げながら構文、継承関係等を説明してあり、「最初に読む」本としては私にはちょうど良い本でした。
ただし、Silverlight2ベース(一部Silverlight3)で書かれているのでSilverlight4との違いはMSDN等で補完する必要があるのと、受験対策としてはやさしすぎると思います。
次に、上記教材(2)を使って極力実機検証しながら勉強しました。このApressの「Pro ○○○」シリーズは、初級〜中級者向けで、サンプルコードを使いながら、Visual Studioでの各操作や設定手順、サンプルの実行結果等を図を用いて詳細に説明してあり(そのためフルカラー800ページにもなっている)、とても理解しやすかったです。

ちなみに今回は、夏季休暇を利用して(というより家族と休みが合わず自分の時間が確保できただけなんですが)1日当たり8〜10時間勉強できる日が5日程あったので集中して受験準備ができました。

【 試験の感想 】

他のMCTSの試験と同様に細かいコードを問う問題が結構出題されました。
ただ、思っていた程ひねった問題は多くなく、素直な問題や消去法でなんとか解答できる問題が多かったように思います。
日本語としておかしいところが2〜3ケ所ありました。

【 受験者へのアドバイス 】

MSサイト試験情報の「評価されるスキル」に記載されている内容を抑えておく事をお薦めします。
他の試験のものよりも、かなり記載内容が多く出題されない内容もあるかもしれませんが、記載されている項目を教材(2)のような書籍やMSDNで確認するだけでもかなり点数が稼げると思います。


【 次のチャレンジ 】

秋期情報処理技術者試験 情報セキュリティスペシャリスト


受験記修正