HOME > 70-659 投稿リスト > 受験記閲覧
合格しました   
日時: 2012/01/31 21:18
名前: ひろ

受 験 日 : 2012/01/31
合  否 : 合格
受験科目 : 70-659
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 910点
合 格 点 : 700点
問 題 数 : 50
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : たしか100分
勉強期間 : 1日15分で1ヶ月ほど
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : なし
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】


ホストおよび親のインストールと設定の構成・・・・・・・・・・・・・・95%くらい
子の設定の構成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・95%くらい
仮想環境の管理および監視・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80%くらい
高可用性と回復の確保・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・95%くらい
移行の実行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100%
リモートデスクトップ(RD)役割サービスインフラストラクチャの構成・・・90%くらい

【 使用教材 】

赤本
Microsoftホームページ

一押し >>> Microsoftホームページ

【 勉強方法 】

赤本をチョコチョコと読みつつ、最後はTechNetの資料を読んで細かい部分を潰しました。
実環境ではVMWareを使っていますので、機能など比較しながらの勉強でした。
なのでイメージがつかみやすかったのかも知れないです。

【 試験の感想 】

文章表現が他の試験に比べゴチャゴチャしていた印象が強くやりにくかったです。
製品名がいちいち毎回フルネームで記載されているのがわずらわしく感じました(VMMなど)。
クラスタ環境下に於ける問題が大多数を占めていて取った点の割には難しく感じました。
RDSに関しても後半結構出てました。


【 受験者へのアドバイス 】

基本的なところは出ている赤本でカバー出来るんじゃないかと思います、同じ様な出題もありましたし。
基本合格点以上のラインを目指そうとすると、きちんとMicrosoftの技術ページを覗いた方がいいと思います、いい資料がホワイトペーパーなどでたくさん出ています。
700点を超えるカギは、フェイルオーバークラスタ、RDS、コマンドですかね。
基本全て2008R2ベースと考えて臨んだ方がいいでしょう。

【 次のチャレンジ 】

デスクトップ仮想化の方でしょうか。
あと今期中にVCPを取得しようと思っています。


受験記修正

MCP教科書 Hyper-V(試験番号:70-659)Windows Server 2008 R2対応
発売元: 翔泳社
発売日: 2011/10/15 | 価格(5%税込): ¥ 3,990