HOME > 70-659 投稿リスト > 受験記閲覧
合格するだけならとても簡単な試験です   
日時: 2013/06/30 21:24
名前: 馬汁

受 験 日 : 2013/06/30
合  否 : 合格
受験科目 : 70-659
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 820点
合 格 点 : 1000点
問 題 数 : 50
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : 115
勉強期間 : 12時間
受験目的 : 会社からの指示
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるけど、まだ1年以下だから駆け出しだね。
勉強前のレベル : ちょっと詳しい初心者
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

ホストおよび親のインストールと設定の構成・・・90%
子の設定の構成・・・90%
仮想環境の管理および監視・・・40%
高可用性と回復の確保・・・70%
移行の実行・・・90%
リモートデスクトップ(RD)役割サービスインフラストラクチャの構成・・・80%

【 使用教材 】

○mstep オンライン
 [mstep Hybrid] MCP 挑戦コース TS: Windows Server 2008 R2, Server Virtualization

○MCP教科書 Hyper-V [翔泳社] (赤本)

一押し >>> mstep オンライン

【 勉強方法 】

mstepのオンライン講座を受講。その際に出題される理解度テストを全問正答可能にした。
参考書(赤本)の練習問題/模擬問題を抜粋で6〜7割解いた。

【 試験の感想 】

以前見た他のMCPの例題に比べ問題文が非常に短く、平均して1〜2行といったところ。
全て選択式の問題であり、翻訳も問題なく、非常に取っ付き易い試験であった。
また、問題の内容もごく基礎的な内容がほとんどであった。

【 受験者へのアドバイス 】

mstep オンラインの受講(総計 5 時間程度)のみで充分合格可能です。
珍しく赤本の練習問題/模擬問題そのままの出題もあったため、高得点での合格を
目指したい方はそちらも押さえると良いと思います。
他の方の「みんなの受験記」も読んで、「重要だ」と言われていることは本当に
重要です。

こんなアドバイスもあったらよかったのにな、と思うのは以下の点です。
・mstepや赤本での問題で数値が含まれる問題は「数値が増えた時どうなるか」を考えておくと良いでしょう。
・mstepや赤本での問題で「正答以外の選択肢は何を示しているのか」理解しておくと良いでしょう。
・「SANとLUNとHyper-vサーバ(VHDファイル)の移行(台数関連)」については重要です。
 (CSVは割とどうでも良いです。)
・SCVMMで「サポートされていないクラスター構成」と表示される原因と対策は重要です。
・HAVMは重要です。
・MicrosoftはiSCSIが好きです。

【 次のチャレンジ 】

本来の目的である70-640を取得したいです。


受験記修正

MCP教科書 Hyper-V(試験番号:70-659)Windows Server 2008 R2対応
発売元: 翔泳社
発売日: 2011/10/15 | 価格(5%税込): ¥ 3,990