HOME > 70-659 投稿リスト > 受験記閲覧
1年ぶりのMCP   
日時: 2011/11/20 00:52
名前: Ken

受 験 日 : 2011/11/19
合  否 : 合格
受験科目 : 70-659
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 805点
合 格 点 : 700点
問 題 数 : 50
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : 100分
勉強期間 : 3週間
受験目的 : 転職
勉強形態 : 独学
実務経験 : なし
勉強前のレベル : ちょっと詳しい初心者
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

ホストおよび親のインストールと設定の構成  80%
子の設定の構成               100%
仮想環境の管理および監視          40%
高可用性と回復性の確保           65%
移行の実行                 60%
RD役割サービス インフラストラクチャの構成 100%

【 使用教材 】

赤本
ホワイトペーパー(サーバー仮想化におけるシステム構成ガイド)
実機

一押し >>> 全部

【 勉強方法 】

赤本を読みつつ、実機での検証。ただ、持っている実機がWindows Server 2008 R2 Standardであるため、フェールオーバークラスタ周りは暗記でごり押しで行きました。


【 試験の感想 】

予想外にフェールオーバークラスタにまつわる問題が多かったことと、SCSIやIDEコントローラの特徴を押さえていないと厳しい問題もあったので正直、落ちたかと思いました。


【 受験者へのアドバイス 】

SANストレージやLUNといった、業務でないと見る機会がない割に理解力を問う問題が出るのでホワイトペーパーにしっかり目を通しておくとオススメです。
また、SCVMMは評価版をダウンロードすることができるので管理者コンソールをインストールして仮想マシンを動かしてみるのも知識の定着につながります。


【 次のチャレンジ 】

Solaris 10 アソシエイト

【 その他、何かあれば 】

赤本が10月に発売されたばかりなので現在のところ、試験のヒット率が高いです。新製品が出たり、OSのサービスパックで新機能が追加などがあると試験が厳しくなってくるので早めの受験がオススメです。


受験記修正

MCP教科書 Hyper-V(試験番号:70-659)Windows Server 2008 R2対応
発売元: 翔泳社
発売日: 2011/10/15 | 価格(5%税込): ¥ 3,990