HOME > 1Z0-053 投稿リスト > 受験記閲覧
合格しましたが   
日時: 2017/05/28 21:46
名前: かいる

受 験 日 : 2017/05/28
合  否 : 合格
受験科目 : 1Z0-053
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 77%
合 格 点 : 66%
問 題 数 : 78
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : 120分
勉強期間 : 2か月
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あり(1年以上3年以下)
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 使用教材 】

白本、Oracle公式サイト

一押し >>> 白本

【 勉強方法 】

2か月の間、平日は1日2日、白本を読んで章末問題を解く。
週末は模擬試験をやるか、実機で制御ファイルを壊したり、データファイルを壊したり、フラッシュバックを実施して前提条件やリカバリ方法を感覚として残す。

白本を一周したら、バックアップリカバリ、RMAN、フラッシュバック、TSPITRのみ章末問題を繰り返す。
ひたすら白本を説き続けて、模擬試験を95%程度取得するまで繰り返す。

基本的には、メモリ管理やデータベース診断、パフォーマンス系は実務で十分に実施しており、白本の問題も余裕だったので、スルー。

データベースの複製とリソースマネージャ、スケジューラについて3週くらい章末問題を実施。

【 試験の感想 】

想定よりは難しかったです。

他の方が書くように、確かに白本のみで合格は出来ましたが、中々際どい問題が多かったように思えます。

想定外だったのは、そこまでバックアップリカバリ、フラッシュバック操作についてしつこく聞かれなかった事です。

重点的に学習したのは、実務のためにはなりますが、試験では細かいところも出てきました。
それでも77%取れたのは、基礎的な知識と問題の求める答えの推測が上手くいったからだと思います。

【 受験者へのアドバイス 】

前述のとおり、過去の感想からバックアップリカバリ、フラッシュバック操作に重みがあると思いがちですが、細かい内容も出てきます。
テープに対するバックアップなどは、経験が無く無知だと答えが分からないです。

ブロックメディアリカバリや、行移行とフラッシュバックの操作の関連性、メディア障害とディスク障害の言葉の違いなどを抑えると尚、確実です。

リソースマネージャも、基本的な構成の仕方を把握しておくと簡単に解けそうです。

【 次のチャレンジ 】

Expert RAC 11gか一気にRAC 12cへチャレンジ。
SCSA 11とOSS-DBも候補で

【 その他、何かあれば 】

日曜日の試験は人が多くて、何の試験か知りませんが激しいタイピングの人がうるさいので集中したければ平日がおすすめです


受験記修正

オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database DBA11g編 (試験番号:1Z0-053) (CD-ROM付)
発売元: 翔泳社
発売日: 2010/05/14 | 価格(5%税込): ¥ 4,935
【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Gold[Gold DBA11g](試験番号:1Z0-053)完全詳解+精選問題集 (オラクルマスタースタディガイド)
発売元: ソフトバンククリエイティブ
発売日: 2011/09/30 | 価格(5%税込): ¥ 4,935