HOME > 1Z0-144 投稿リスト > 受験記閲覧
難易度中くらいだけど…。   
日時: 2014/10/11 12:23
名前: スピカ

受 験 日 : 2014/10/11
合  否 : 合格
受験科目 : 1Z0-144
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 89%
合 格 点 : 65%
問 題 数 : 70
出題形式 : 単一選択,複数選択
試験時間 : 90分
勉強期間 : 1か月
受験目的 : 社内でのキャリアアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるけど、まだ1年以下だから駆け出しだね。
勉強前のレベル : 普通の初心者
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 使用教材 】

オンライン上の英語の文献(英語力必須)
わずかに残っている9i時代の参考書
公式での試験申込ページにある「テスト内容チェックリスト」


一押し >>> Web上の資料

【 勉強方法 】

★この受験記は 1z0-144 に対応します。147では「ない」ので注意してください。★

 この試験を受けるにあたって144の参考書を探すも日本では未発売、一方で147の試験の参考書はどこでも買えなかったため、わずかに古本屋に残っていたエントリーレベルの参考書をもとに9iレベルの知識をもとに実際に動かしてみながらコツをつかみ、参考書を4周半したところで単語を意識的に暗記するようにし、11iの「テスト内容チェックリスト」をみて未掲載の項目をオンラインで得て知識の穴をつぶす(要英語力)。

【 試験の感想 】

90分で70問の問題を解くので1問あたり2分かけるとアウト。
単に用語の意味やベストプラクティス、「〜について正しいものはどれか」などは即回答。

コードを読む問題も5〜10行程度で「どの行でエラーになるか」「エラーになるかならないか、なるなら理由はどれか」などが大半、ほかに「動かすようにするためにはどのような修正が必要か(修正は必要ナシ、○○を修正、××を修正…)」など。

  ・ コードを読む問題:45%くらい
  ・ 予約語等の意味を問う問題:45%くらい
  ・ その他、ベストプラクティスやシチュエーション設定問題:10%くらい

そもそも90分で70問の問題を解くので、プログラムはせいぜい10行程度です。合格に必要な合格%も65%とこちらの試験は易しいので、1問にこだわらないことが大切。

あと、147のほうでも散々書かれていたようですが、144も日本語が変な問題が10問くらい。

 ・ たぶん直訳しただけの妙な選択肢?
 ・ 「だである体」と「ですます体」が文中に混在している
 ・ 普通そうは言わないだろう、っていうような表現(DBに関する専門用語を独自訳している)


70問で構成の89点なので、8問不正解だと思いますが、思い当たる節のいくつかが上記です。

現在、日本では147は古い試験となり参考書もないようで、海外では147より144の試験にシフトしつつあるようです。

【 受験者へのアドバイス 】

PL/SQLに関する入門書は中古やWeb上で転がっているので、それを読んでプログラムを実行してみること。
古いなりつつある147試験よりも、こちらの144試験を受けたいという気持ちをしっかり持つこと。

ただ、日本で144試験を受けるためには現行の環境では英語力必須(当方準1級持ち)だと思います。
あとは、147試験同様、謎の日本語が登場するので、それに対する「耐性」かなぁ。

あと、何気にヒントっぽい選択肢も多いです。
 (例)
   ・ ××したとき、絶対に○○という結果は返らない。 ←「絶対」か?

   ・(2つ選びなさい)
    (1) Xするためには、BとCが必要である。
    (2) Xするためには、BかCの少なくとも一方が必要である。
    (3) hogehoge
    (4) piyopiyo
    ↑ (1)か(2)のどちらかは候補になりそう。

【 次のチャレンジ 】

JavaのSE7のゴールド。

【 その他、何かあれば 】

このサイトで147のほうは日本語がおかしいと書かれていたので、勉強してこちらを受けたのですが、こっちの日本語もやっぱり微妙でした。日本語がおかしいので出題者の意図をエスパーする必要があったりと、何か違うような気がします。


受験記修正