HOME > 1Z0-147 投稿リスト > 受験記閲覧
まあなんとか   
日時: 2007/08/04 15:06
名前: ざざむし

受 験 日 : 2007/08/04
合  否 : 合格
受験科目 : 1Z0-147
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 60問
合 格 点 : 51問
問 題 数 : 66
試験時間 : 90
勉強期間 : 3週間
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
勉強前のレベル : 実務経験あり
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 2回目

【 使用教材 】

黒本
「プロとしてのOracle PL/SQL入門」
Gold DBAの要履修コースとして受けたPL/SQL入門のテキスト


一押し >>> 黒本

【 勉強方法 】

黒本を2回通し読み

【 試験の感想 】

10gトラックでもPL/SQL Developerが認定されるようになったので、受験しました。
ただし2回目です。1回目は3点足りませんでした。
PL/SQLはTransact-SQLに比べて経験が少ないのですが、黒本を買わずに勉強したのが結果として失敗の原因です(試験範囲を網羅できていなかった)

2回目は黒本を買って熟読しました。相当意気込んで行ったのに6問も間違えてしまいましたけど。

【 受験者へのアドバイス 】

この試験に必要なのは、
1)網羅的な知識
2)何ができるかではなく、何ができないかを把握していることの2点です。これを満たすには黒本はやはり必要です。
トリガとファンクションの制約は頭に叩き込んでおきましょう。

試験問題が多いため、たまに他の問題の問題文から答えがわかることがあります(FunctionのReturnは通常何部に書くか、TriggerのCALL文にセミコロンがいるか、など)。最後まで困ったらそれで。。

【 次のチャレンジ 】

Formは使うことないので、Oracleは11gの試験まではおやすみ。
MCTSの70-445


受験記修正

Silver Oracle PL/SQL Developer【PL/SQLプログラミング】編(試験番号1Z0-147J/PL/SQLプログラミング) (オラクルマスター教科書)
発売元: 翔泳社
発売日: 2007/12/18 | 価格(5%税込): ¥ 4,725