HOME > 1Z0-147 投稿リスト > 受験記閲覧
悩ましげな問題が多かったような。。   
日時: 2007/11/10 18:05
名前: まーぼう

受 験 日 : 2007/11/10
合  否 : 合格
受験科目 : 1Z0-147
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 59問
合 格 点 : 51問
問 題 数 : 66問
試験時間 : 90分
勉強期間 : 3週間
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あるけど、まだ1年以下だから駆け出しだね。
勉強前のレベル : この試験分野には関してはある程度知っている
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

復習項目
●DDL文のトリガーを作成します。
●ディクショナリー・ビューでトリガー情報を表示します。
●依存オブジェクトと参照オブジェクトについて説明します。
●パラメータのDEFAULTオプションについて説明します。
●SQL文におけるユーザ定義ファンクションの利点を示します。
●SQL文でパッケージ・ファンクションを使用する上での制限について説明します。
●BFILEについて理解し、管理します。ディレクトリを作成し、BFILESを使用し、BFILESをロードし、BFILENAMEファンクションを使用します。

【 使用教材 】

オラクルマスター教科書 PL/SQLプログラミング(9i)編(黒本)
i-Study


一押し >>> 黒本

【 勉強方法 】

特に、経験の少ないトリガーとラージオブジェクトを中心に、黒本を繰り返し読んでは、付属の問題とi-Studyとで問題慣れに努めました。
その他のプロシージャ・ファンクションおよびパッケージに関しては、実務経験があったこともあり、どのような処理が許可されて、どのような処理が禁止されているかということを重点的に勉強しました。

【 試験の感想 】

黒本付属の問題やi-Studyの問題とレベル的に同程度の問題が大半だと思いますが嫌らしい選択肢が含まれており、問題文を繰り返し読まないと、罠にひっかかる問題が1〜2割程度ありました。
私の場合は、プログラムコードを参照して答えるような問題が結構、出題されたような気はしますが、説明文から答える問題に比べると、答えが明確なのでかえって解き易かったです。
微妙に選択肢に日本語があいまいなものがありましたが、ご愛敬か?

【 受験者へのアドバイス 】

プロシージャ・ファンクションおよびパッケージに関しては、実際にコーディングして身体で覚えた方が理解も早いと思います。
コーディングして、コンパイルエラーを出しては原因追求しているうちに、打たれ強くなると言うもの。。
まあ、テキストだけでも、合格は十分可能ですが、それではあまり意味が無いと思いますので。。
あと、9iと10gとで試験が共通となりましたが、9i用の黒本で十分試験範囲をカバーしていますので、その点は心配しなくても良いのではと思います。

【 次のチャレンジ 】

CCNPの残り2科目のONTとISCW

【 その他、何かあれば 】

今日は試験会場…結構、賑やかでした。5〜6人ぐらい試験受けてたかな。
今までで、最高の人数であったかも。。


受験記修正

Silver Oracle PL/SQL Developer【PL/SQLプログラミング】編(試験番号1Z0-147J/PL/SQLプログラミング) (オラクルマスター教科書)
発売元: 翔泳社
発売日: 2007/12/18 | 価格(5%税込): ¥ 4,725