HOME > 1Z0-147 投稿リスト > 受験記閲覧
2回目でようやく合格   
日時: 2008/11/28 23:21
名前: アマダ・シロー(仮)
参照: http://blizzardyuki.blog107.fc2.com/blog-entry-939.html

受 験 日 : 2008/11/28
合  否 : 合格
受験科目 : 1Z0-147
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 56問
合 格 点 : 51問
問 題 数 : 66
試験時間 : 90分
勉強期間 : 8週間ほど
受験目的 : 自分のスキルアップ
勉強形態 : 独学
実務経験 : あり(3年以上5年以下)
勉強前のレベル : この試験分野の基礎知識は持っている
本試験のレベル : ある程度の基礎知識は必要だが、初心者向けの試験。しっかり勉強すれば初心者でも合格できる。
何度目の挑戦か : 2回目

【 セクション毎の正解率 】

不正解の項目

・データベース・トリガーとは何かを定義します
・変更所の原因について説明します
・ディクショナリー・ビューでトリガー情報を表示します
・プロシージャ型依存性を追跡します
・ストアドプロシージャとは何かを定義します
・例外が伝播する方法について説明します
・SQL文におけるユーザ定義ファンクションの利点を示します
・パッケージの利点について理解します
・異なる種類のトリガーについて説明します
・トリガーの使用方法を示します

【 使用教材 】

・黒本
・LEアップグレード版のiStudy

一押し >>> iStudy

【 勉強方法 】

黒本で基本をおさえた後はひたすらiStudyで問題を解きました。
実は1回目は黒本だけで受験したんですが、試験問題になれるため
にiStudyを解きました。




【 試験の感想 】

黒本の基礎を抑えてれば解けると思いますが、問題の出し方は
黒本のように出てこないので、きちんと黒本の内容を理解しないと
問題が解けなかったです。

あと、相変わらず日本語がおかしい問題が何問かあって理解するのに
時間がとられた感じです。

【 受験者へのアドバイス 】

問題の何割かはプログラム問題ですので、黒本の問題で本で理解
できなかったものは実機で試してみるのが一番です。
見るより慣れたほうがいいです。

自分の手でプロシージャ・ファンクション・パッケージ・トリガー
は一からプログラムを書いたほうが理解が深まります。

【 次のチャレンジ 】

今年の4月で無くなる初級シスアド
気持ちが切れないように、途中で何か違うものを受けるかも・・・


受験記修正

Silver Oracle PL/SQL Developer【PL/SQLプログラミング】編(試験番号1Z0-147J/PL/SQLプログラミング) (オラクルマスター教科書)
発売元: 翔泳社
発売日: 2007/12/18 | 価格(5%税込): ¥ 4,725