HOME > 1Z0-877 投稿リスト > 受験記閲覧
とりあえず1つめ合格しました   
日時: 2008/06/08 17:38
名前: LV

受 験 日 : 2008/06/08
合  否 : 合格
受験科目 : 310-200
受験言語 : 日本語
取 得 点 : 72点
合 格 点 : 61点
問 題 数 : 59
試験時間 : 90
勉強期間 : 3時間
受験目的 : Solaris10の導入が決まっているのでいずれ必須になりそう
勉強形態 : 独学
実務経験 : あり(3年以上5年以下)
勉強前のレベル : この試験分野には関してはプロかな
本試験のレベル : ある程度の知識が必要な中級者向け試験。でもしっかり勉強すれば合格できる。
何度目の挑戦か : 1回目

【 セクション毎の正解率 】

ソフトウェアのインストール 71%
ファイルシステムの管理 66%
SPARCおよびx86のシステムブート手順、シャットダウン手順の実行 61%
ユーザー管理およびセキュリティ管理の実行 80%
ネットワークプリンタおよびシステムプロセスの管理 85%
システムバックアップおよびシステムリストアの実行 80%

【 使用教材 】

経験と改めて実機で
紫本
sun docs
C社問題集

一押し >>> 経験ですね。やっぱり

【 勉強方法 】

C社問題集をさくっと眺めて知らないところとかやったこと無いところとかを紫本とsun docsを参照して、要すれば実機で確認。

【 試験の感想 】

Solaris9 PartIは4年ほど前に合格していたので勉強時間はこんなところで。

9と比べるとx86が試験範囲に入っていること(x86って廃止予定じゃなかったっけ?)、Solaris10の新しいサービス管理あたりが増えてますね。プリンタ関係の問題が多いのは相変わらずでした。

実機はx86とSPARCと両方持っているのは良かった。(別に試験対策じゃなくて前から遊んでいます)

【 受験者へのアドバイス 】

紫本を中心にやるときついかな?試験の傾向からするとかなりずれているような気がします。(無用に詳しかったり、よく出るところが薄かったり)

C社問題集でどこが出るのかを絞ってそこの勉強をしたほうがいいでしょう。なお、C社問題集は回答が間違っているものがあります。勉強すればわかることなので特にいいませんがw
(英語問題を日本語に訳すときにSunが訳したものとのずれもあるのでちゃんと意味をわからないといけないし、選択肢の順番も変わっているのでやっぱり勉強は必要ですね)

【 次のチャレンジ 】

もちろん310-202。MCSAはいったん保留にしたです。


受験記修正

徹底攻略Solarisシステム管理者問題集 [CX-310-200][CX-310-202]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)
発売元: インプレスジャパン
発売日: 2010/07/16 | 価格(5%税込): ¥ 3,570
EXAM PRESS SUN教科書 Soraris10(SCSA) 試験番号 310-200/310-202
発売元: 翔泳社
発売日: 2006/08/29 | 価格(5%税込): ¥ 5,040